次は余市、野焼き祭りへ

余市では、
20年間続いてきた「野焼きまつり」
今回が最後とのこと

初めて参加させてもらいましたが、
素晴らしいお祭りでした。

スタッフさんが、汗だくで木をグルグルして、
本格的に火を起こし、
小さな炎を子どもちゃんが持つ松明に移し、
参加者さんが作ってきた土器の並ぶ
土手の薪に火をつけ、朝まで焼き、
土器表彰式まで行われました。

​​

私たちにとっても貴重な経験だけど、
もっと、こういう体験、子どもたちに
経験してもらいたいと強く思いました。

野焼きの炎を見ながら、
アンガソの演奏、と〜っても盛り上がりました。
子どもちゃんから、大きい大人ちゃんたちも
みんな踊り出し、みんな笑顔。

トイレで会った子どもちゃんや
いろんな年齢の方たちに
「楽しかった〜」と、感想を頂きました〜❤️

そして、何より、私にとっては、
昔から大ファンだったアンガソに
としき&藍&けいこで、
加わり演奏出来た事、
夢のように幸せで楽しかった〜❤️



夜更けには、
野焼きに薪を焚べ、大きくなった炎を囲み
茂呂剛伸さん縄文太鼓クルーと、
集まったアフリカンメンバーで、
太鼓合戦‼️

やぁ〜よだれが出るほど楽しすぎたぁ〜‼️
やっぱり火の力、そして、太鼓の力は
すごいね〜‼️
絶対宇宙と繋がってた気がする‼️笑



キャンプも、みんなで話したりする時間も、
なかなか忙しくて持てなかった時間
全てが私にとって、ご褒美の時間でした
みなさん、ありがとう〜

野焼きまつりのスタッフのみなさま
20年間お疲れ様でした〜‼️
ありがとうございました〜‼️

コメントを残す

(*) Required, Your email will not be published